布地について詳しく知りたい人は必見!生地に関するミニ知識を紹介します

布地に詳しくなりたい場合には、生地の特長を知ることです。例えばポリエステルの特徴では軽量でシワになりにくく、耐久性があります。速乾性が高く通気性はやや劣ることがありますが、使い勝手がいいので使用しやすい生地です。ポロシャツやジャケットに使われることが多く、アクティブウェアなどにも最適です。ナイロンは強度があり耐久性が高いうえに、速乾性があり防水性も備えていることがあります。アウトドアウェアにもなりますし、バッグでも日常生活でも使われます。

夏のワンピースを作るのに適した生地

夏のワンピースには天然素材でできた生地がおすすめです。天然素材にはコットンやリネン、麻などがあります。コットンはポリエステルといった化学素材と比べて、吸収性や通気性に優れています。汗をかいてもすぐに発散されるので、気温が高い日でもさらりと着ることができます。加えて柔らかさや保温性も高いことから、オールシーズン愛用する人も多くいる生地です。リネンや麻は天然素材の中でも吸収性と通気性が高く、春から夏の定番生地といえます。繊維の構造としては保温性もあるので、秋冬にも使うことができます。ただしリネンや麻は涼しげな見た目をしていることから、ベストシーズンはやはり夏です。これらの他にも綿麻という生地もあります。コットンの持つ柔らかさと麻の通気性の良さを組み合わせたもので、機能性に優れています。独特のシャリ感があることから、ファッション性も高いのが特徴的です。丁寧に洗濯することで、風合いを保つことができます。

生地をカットするとき失敗しない方法

生地をカットするとき失敗しないようにするためにまず大事なのは、種類に合ったカッターを選ぶということです。厚い布や伸縮性のある布には、刃の鋭いカッターを使うと良いでしょう。一方、薄いものや滑りやすい布には、刃の細かいカッターを使うようにするのがおすすめです。その上で、生地の裏面にカットする線を書くようにしてください。直線定規や曲線定規などを使って生地の裏面に印をつけるようにします。印は、消せるペンやチャコペンなどを使ってはっきりと見えるように書きましょう。次に、作業を始める前に、アイロンでシワを伸ばすと良いです。平らに敷くときは、織り目と線が平行になるように注意しなければなりません。動かさないように、ピンや重しを使って固定するとベターです。カッターを持つときは、手首を曲げずに直線にするようにしてください。カッターは一定の速度でスムーズに動かすようにし、途中で止めたり、引き戻したりしてはなりません。

帆布と呼ばれる生地の特徴を知ろう

帆布は船の帆に使われていた生地のことを呼びます。その名の通り、非常に丈夫で厚みもあり水にも強いです。その製造法は綿や麻を平織りしたものが基本なので、耐久性や通気性にも優れています。 そんな帆布の生地は、まさに大きなトートバッグなどを作るのに最適です。少々重い荷物でも入れることができますし、雨の日でもそこまで心配することはありません。子供のお稽古バッグを作るのにも向いているでしょう。 特徴として、最初は硬くてゴワゴワします。しかし使いこなしていくうちにどんどん柔らかくなって風合いも出て色合いも馴染んできます。糸を織り合わせている生地ゆえに、細かな隙間によって通気性も良いです。湿気に強くカビなども生じにくく、清潔に長持ちします。 また1~11号までの号数があるのも、帆布の特徴です。号数は小さい数ほど縦と横の織り重なる糸の本数が多いです。つまり号数が低いほど分厚くなります。ハンドメイドなどに使う場合は8号~11号あたりが一般的です。

汗を吸収しやすい生地の種類は何があるか?

平均体温が高い人は季節を問わず年中汗を掻いていることが多いので、直ぐに着ている服が汗でビショビショの状態になってしまって不快感が一気に上昇することがあると思います。こまめに拭き取ったりデオドラント製品を駆使して必死に汗を抑えようとしてもなかなか改善することがなく、じわっと汗が噴き出す度にストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。そんな悩める方にぜひおすすめしたいのが、汗の吸収をしてくれる機能性の高い素材であるリネン生地や麻が使用されている服を厳選して購入することです。ポリエステル製の生地でもある程度抑えることはできるのですが、ニオイが少しきつくなって体臭問題に発展してしまうことがあるので、繊維が細くて繊細なリネン生地や麻にした方がトータル的に見ても快適度が高いことは言うまでもありません。また、肌触りがかなり良くて敏感肌タイプの人でも安心して使用できる良さがあるので、どの生地にするのが一番最適や迷ってしまう時にはぜひ参考にしてみてください。

初心者がハンドメイドするのにミシンをかけやすい生地

初心者がハンドメイドするときは、ミシンをかけやすい生地を選ぶのがポイントです。初心者さんには厚すぎず薄すぎず、そして伸びない「綿」や「リネン」の生地がおすすめです。これらの素材はミシンの針が通りがスムーズで、布がずれにくいので縫いやすいです。 綿やリネンは、比較的扱うのが優しい天然繊維です。縫いやすくカットが簡単で、初心者に人気になっています。 素材は丈夫で長持ちするため、衣類・家庭用品・アクセサリーなど、さまざまなアイテムを作るのに適しているのが魅力 綿は柔らかく肌触りが良いため、衣類や寝具など肌に直接触れるアイテムに合っています。リネンもまた、吸湿性と速乾性に優れており暑い季節に快適な着心地を提供します。 綿やリネンは自然な風合いが魅力で、ハンドメイドのアイテムに温もりと味わいを与えます。ナチュラルな雰囲気を好む人に、おすすめです。 リネンは特に夏に涼しく、冬には適度に暖かいという温度調節機能を持っています。季節を問わず快適に使用できる、アイテムを作ることが可能です。

生地を採寸するときの正しいやり方

洋服を手作りする場合、生地を採寸して作る事が必要です。ただし生地を正しく採寸する事が必要であり、正しいやり方を把握しておく事が重要なポイントになります。測る際には平らな表面を使用することが前提であり、シワなどがよらないように均等に広げて行う事が大切です。端は綺麗に揃えるようにし、揃えることでより正しく測る事が出来ます。測る際には定規やメジャーを使用することで、正しい数値で行うようにします。生地自体も無理に引っ張る事はせず、歪みな度が無いように測る事がポイントです。曲がりこみがある箇所はなるべく伸ばして平らにして測り、測る時は余裕をもっておくと縫い代など考慮しておくようにします。単位なども使用するタイプによってセンチだけでなくインチなどもあるので、単位を合わせて行う事も重要です。ポイント自体は難しくないので、正確に行うことで縫製を行う際にはより綺麗な仕上がりに繋がるのでしっかり理解しておく事がポイントといえます。

かばん作りに適した丈夫な生地とは?

市販で購入できるかばんにあまり魅力を感じるものが無かったり、デザイン性が良くなくて買うことを結局断念してしまうことが多い方は、いくら探してもなかなか自分の理想的なものに出会うことが難しくなってしまうので、探すことに疲れを感じているなら思い切ってかばん作りに挑戦してみることをおすすめします。 また、正しくかばん作りを行っていきたいと希望している場合には、ぜひかばんの素材に適している質の高い生地を使用していくのが良いでしょう。 一番のおすすめは、丈夫で長持ちしやすいフェイクレザーのPVCになります。どのような特徴を持っているのかと言うと、本革の質感に限りなく近づけるように人工素材ならではの良さを兼ね備えており、耐久性が高いので滅多なことでは型崩れする心配がないところが魅力です。 そして、汚れが簡単に拭き取れる生地になっているところも良い点になります。通気性・弾力性・柔軟性もあるので一年中使える便利なかばんになりやすいところも素晴らしいです。

赤ちゃんに適したオーガニックコットン生地とは

赤ちゃんの肌はとてもデリケートな状態でちょっとした刺激でもかぶれてしまう場合があるので、服を着させると高確率で泣き出してしまうようなことがある場合には、その服自体に問題がないかよく確認することが大切になってきます。 少しでも肌に刺激があって着心地の悪さを感じていると、一生懸命抵抗しようとして泣き出してしまうことが多くあるので、なぜ泣いているのか原因を突き止めることが非常に肝心になってくるからです。 また、何を着させても満足のいく使用感を感じないと悩んでいる場合には、ぜひオーガニック製のコットン生地を採用している服を選んで着させてみることをおすすめします。 オーガニックコットン生地の非常に素晴らしいところは、肌への刺激がほとんど無くていつでも快適に着られる心地よさを兼ね備えていること、肌触りが良くて落ち着きを感じられるので気持ち良さがあって安心して眠ることができるようになることです。 子供は寝る時間がかなり重要になってくるので、安眠効果が高いコットン生地は正にうってつけと言えます。

余った生地はどのように活用する?

手作りが好きな人などは、ついつい生地をたくさん買ってしまいがちです。いろんなものを作っても、少しずつ生地が余ることは多いです。そんなときの活用法として、リメイクに使う方法があります。子供服やかばんなどの一部に可愛いはぎれをアップリケするだけで、とてもキュートに変身します。アクセントにもなって、飽きかけていたアイテムも心機一転使えるでしょう。 またパッチワークでブランケットやテーブルクロスに仕上げてみるのもひとつの方法です。いろいろな生地をチクチクと縫い合わせると、それだけで可愛い作品になります。素材感や柄、色合いなど多種多様なはぎれもパッチワークならおしゃれに活用することが可能です。 そのほか不要になったお菓子箱や段ボールにペタペタと貼り付けると、インテリアにもなる収納ボックスの出来上がりです。ちょっとした小物入れとして使えて、お部屋も片付きます。ボンドで貼るだけなので、子供でも作ることができるでしょう。

生地 通販に関する情報サイト
生地に関するミニ知識

生地に関するミニ知識として、綿の特徴は吸湿性があり通気性が高いため肌触りが良く快適で、洗濯に強く日常的な衣類や寝具によく使われます。用途としてはTシャツなどのインナーに使われることも多く、自宅で使えるパジャマや寝るときのシーツなどにも役立ちます。麻の特徴は通気性があり速乾性が高く、シワになりやすいが風合いがあります。夏季の衣類に適しているので肌触りがいいのもメリットといえます。用途にはシャツやワンピース、カジュアルなアイテムなどがあります。

Search